• ono chizuru

藤井聡太三冠の源

おととい、将棋の「叡王」のタイトルを獲得し

史上最年少で三冠となった藤井聡太三冠。

あいにく藤井三冠ほどの語彙力を持ち合わせていない私には

彼の偉業は「凄い」としか言い表しようがありません。

そんな藤井三冠の凄さに迫る

『考えて 考えて 考える』が、

先月8月24日に発売されています。 (藤井 聡太 丹羽 宇一郎 対談本)

この書のなかで最も私の心に響いたことは


【直感を言語化するプロセスを踏む】ことが

学びや気づきの本質になるという部分でした。

..........

人には直感があるので、パッと見える手があるんです。 ただそれを一旦おいて、 言葉に置き換えてみることで思考が明確になる。 「ここに刺したいな」と直感的に思ったことを 「その理由はなんだろう?」と、改めて言語化して 直感の根拠を支えるあげるというイメージ。

直感はすぐに言葉にできないけれど、 なんらかの理由、方針に沿って 導き出されているはずなんです。 それが言葉にできれば、より考えがスムーズになるのかなと」

                     (中略抜粋)

..........


言語化するのが大切であるということ、

私もとても共感しています。

なんとなく思っていることを 口に出していうことで頭が整理され、 話しているうちに自分が見えてくるという経験を

多くしています。

そして、いま、人財育成に携わるうえで 最も大切にしている部分でもあります。

新人社員教育を担当する中で、 「なんでそう感じたのか」

「次はどんなアクションをするか」


それらに答えることで、その人自身が 自分を導けるように。。。

根気がいることでもありますが、 とても大切なことだと感じています。





藤井三冠は

「自分自身で考えて行動するように育てられた」そう。



その源にもやはり

「自分の考えを言語化する」が含まれているなと

対談本を片手に、三冠達成のニュースを見ながら

改めて感じたのでした。